審査請求とは

年金請求をしたけれど、考えていた等級と違っていたり、不支給になることがあります。そうしたときには不服申し立て(審査請求)を行うことができます。

審査請求は結果を知った次の日から3か月以内にしなければいけません。期限があるのです。審査請求はすでに決定されたことをくつがえすものですから、不満を書き並べたり、日常がいかにつらいものかを書いてみても残念ながら結果を変更させることはできません。

変更させるには相当の根拠が必要です。そのためにどうして不支給や等級が変更になったのかを知り、対策をたてなければなりません。原因を知って変更や不支給が妥当であればあきらめも必要になります。変更が不当な場合はその根拠を文章に詳しく記載していくことが大事になります。この文章も個人的な思いや感想は変更には無意味と言わざるを得ないので、記載は控えたほうがよいでしょう。

こうした準備から書類の提出までを3か月以内にしないといけないわけです。心身の調子が良くない請求者はもとより、仕事が忙しくなかなか取り掛かれない親族の方がこの請求をするのはなかなか難しいと考えています。
結果に不満があり、審査請求を考えている方は相談されることをお勧めします。

お電話での問い合わせ
024-502-3250

メールでのご相談はこちら