もらえる金額は?

障害年金の基礎知識 もらえる金額は?

受け取れる年金の金額は年金請求を国民年金でしたのか、厚生年金でしたのかで違いがあります。また等級にも違いがあり、国民年金は症状が重い方から1級か2級、厚生年金は1級か2級か3級があります。国民年金では配偶者の加算がありません。厚生年金の年金額は個人の給与の違いや、厚生年金に加入していた期間の違いから年金額は個々人で違います。

障害基礎年金(国民年金で請求した場合)

1級 780,100円 × 1.25 + 子供の加算
2級 7780,100円 + 子供の加算

子供の加算

第1子・第2子 各 224,500円
第3子以降 各   74,800円

【子供とは次の者に限る】
• 18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
• 20歳未満で障害等級1級または2級の障害者

障害厚生年金(厚生年金で請求した場合)

1級 (報酬比例の年金額) × 1.25 + 〔配偶者の加給年金額(224,500円)
2級 (報酬比例の年金額) + 〔配偶者の加給年金額(224,500円)
3級 (報酬比例の年金額) ※最低保障額 585,100円

報酬比例の年金額の計算式

報酬比例部分の年金額は、1の式によって算出した額となります。なお、1の式によって算出した額が2の式によって算出した額を下回る場合には、2の式によって算出した額が報酬比例部分の年金額になります。

1.報酬比例部分の年金額(本来水準)

計算式

2.報酬比例部分の年金額(従前額保障)

計算式