左下肢障害で障害基礎年金2級の事例(認定日診断書がないケース)

Aさんは10代のときに事故で左下肢に障害を負いました。手術とリハビリにより通常の生活にもどりました。障害の状態は固定して通院を続けてもそれ以上の回復が見込めないので継続して通院をしなくてもよくなりました。大学に進学して社会人となり現在に至ります。

そのようなときにAさんの母親から相談がありました。それは障害年金を請求すれば受給できるのではないかというものでした。事故から現在までお聞きすると受給できる障害の状態だと判断しました。ただし問題がありました。それはAさんが障害認定日には通院しなくなっていたということでした。Aさんの場合は20歳前傷病による障害基礎年金での請求です。認定日は20歳の誕生日となり、その前後3か月の時点での診断書が必要になります。しかし取得することはできません。

そこで私は10代の事故の時の診断書の控えと事実関係の資料をそろえて、申し立て書を添付して年金請求をしました。年金事務所では当初は認定日の診断書がないことから認定日請求の受付に難色を示しましたが何とか受付てもらうことができました。これについては別の投稿で記したいと思います。

受付から数か月Aさんは無事年金を受給できました。こちらの希望どおり遡及が認められました。                  認定日の診断書が取れないことであきらめてしまうケースがあります。ただ障害の状態とその経緯、残存している書類など総動員した場合、認められることもあります。Aさんのケースは特殊な部類になりますが、このような事例もあるのだと参考にしてもらえるといいかと思います。

精神疾患で障害基礎年金2級が決定された事例

障害基礎年金2級
精神疾患

自分では手続きは難しいと感じて私に依頼されました。医師とは受診時に3分程度の会話で終わっていました。私は依頼者の日常生活を具体的に伝えることに努めました。そうすることで、医師が診断書作成のため詳細に依頼者からお話を聞いてもらうことができました。実態が的確に反映された診断書が出来上がりました。特に精神疾患は日常生活がうまく伝わらないと受給は難しいと考えます。

人工透析で障害基礎年金2級が決定された事例

障害基礎年金2級
人工透析

当初、本人が年金請求をしましたが初診日が確認できないため却下となりました。審査請求を依頼したいとのご相談でした。初診の証明になるような客観的な資料が不足していました。関係先などで調査をしたところ有力な資料が見つかりました。これをもって審査請求をしました。結果は初診日が認められて受給になりました。審査請求は決定しているものをくつがえすことになるので、それなりの根拠が必要になります。

脳出血による下肢障害で障害厚生年金2級が決定された事例

障害厚生年金2級
脳出血による下肢障害

年金請求をするため本人が年金事務所に相談に行きました。説明を受けるものの理解ができずそのまま5年近く放置していました。初診の証明は5年が過ぎており、入手できませんでしたが、幸い次の病院に紹介状がありました。その病院で認定日の診断書も書いてもらえたため認定日請求を行いました。結果は5年さかのぼりで障害年金を受給しました。年金は5年以上さかのぼって受給はできないので、そのまま放置した場合大損害が生じたかもれません。

脳出血による下肢障害で障害厚生年金3級が決定された事例

身体障害者手帳5級⇒障害厚生年金3級
脳出血による下肢障害

身体障害者手帳を取得していましたが、5級であり自覚症状は重くないと思っていました。それゆえ年金請求にためらいがありました。面談で実際に見てみると歩行がスムーズではなく、お話を聞くと日常生活に支障があるご様子でした。3級には該当する可能性があり年金を請求することになりました。結果は3級を受給しました。手帳の等級や自覚症状では判断できないという事例でした。